♪ WARATTE SPECIAL ♪

TOMORROW 地球の奇跡、日本の農のめぐみ The miracle of the earth - agriculture in Japan いのちは支えあう 第3次生物多様性国家戦略 BIODIVERSITY

♪ WARATTE PHOTO REPORT ♪


♪ MAIL ♪

Your voice is welcome メールを送信する メッセージフォームをつかう



2008.09.05

「環境日本学」を創る


早稲田大学教授 原 剛
専門は環境社会学、農業経済学
早稲田環境塾 塾長
原 剛 OFFICIAL SITE



環境と調和する持続可能な社会発展が、社会の合言葉になってきていると感じます。 それは政府の政策目標となり企業活動のめざすべき方向とされています。 大学は、文系理系を問わず環境論と環境技術の講座・研究は花盛りです。

しかし、例えば地球の温暖化を減速させ生物の多様性を保とうと、条約や国内法、自治体の条例が一貫して作られずいぶん時間が経ちますが、 しかし事態に改善の目処がついていない。 国際環境法も国内の環境関連の法も的確に機能していないと言わざる終えないわけです。

私たちが暮らしの現場で環境保護に取り組もうとしても、漠としてどうもとりとめ、落ち着きがありません。 なぜ環境論や環境技術、環境法が栄えて環境が滅ぶ、というような事態になっているのでしょうか。 その理由は、「環境とは何か」という範囲が明らかでなく、その場その場で、その人その人によってバラバラに扱われ、 ひとり一人の暮らしている生活者が実感し納得できるまとまりのある形で示され理解されにくい形になっているからであります。 つまり、「環境とは何か」についての共通した捕らえ方がないと言うべきでありましょう。

例えば貴方が、水田でお米を作っている農民であるとします。 その営みが3つの環境に支えられてこそ初めてモノと心の両面からそこに暮らし生産していく持続可能な状況が可能になるはずです。

第1に水や土、空気、つまり自然環境が正常であること。 第2には、灌漑水路や農道のネットワークが地域の全体として保たれなくてはなりませんし、 モノを生産し消費し社会集団として暮らしていくことができる、いわば人間環境というものが持続されて再生産されていかなければならないのであります。 第3に、自然環境と人間環境を土台に築かれたその地域、或いは国家と言ってよろしいでしょうが、 その文化( 文化環境 )が保たれていなければなりません。 すなわち、人びとが社会生活を持続可能に展開していくには、心理学者のイイタニトシオさんが指摘する、 自然、人間、文化の3つの環境要素を統合して、同時に、暮らしの場で私たちは必要としているでのあります。

PPM(Parts Per Million)とかBOD(Biochemical Oxygen Demand)、これは科学用語でありますが、 そういうもので評価される大気や水の質というものは、3つある環境の内の1つの自然環境に留まると言わざる終えません。 自然環境とともに産業、つまり社会集団によって作られる人間環境が地域の自治と行政に支持されて正常に機能しなくては人の暮らしは成り立っていきません。 さらには、文化環境を必要とします。 それは地域の自然と歴史。すなわち、風土によって培われた営みの集積であります。 「あなたは何ものか?」と問われた時に、そこの住んでる人がこころぐるでありましょう 「私はしかじか、かくかくの者である」という自己確認、アイテンティティ(Identity)の確認、 その礎となるのが、かけがえのない文化、無形の価値であります。

この半世紀、私たちは、ジャーナリスト、学徒として、国の内外を取材し調査し報道してまいりました。 顧みて、日本とアメリカとヨーロッパの間には環境問題への取り組み方にどうも大きな違いがあることに気がつきます。 一言でいいますとアメリカは、環境問題を経済に随伴するもの、 つまり市場経済の枠の中で解決できる問題であると捉えてきました。 例えば大気汚染対策として、アメリカは世界で初めて亜硫酸ガスの排出権の取引市場を創設したことが一例であります。  ヨーロッパでは概して環境破壊を文化に係わる問題として扱ってきました。 経済合理性だけを環境問題へ取り組む際の唯一の価値基準とはしない、そのような原理を貫いてきたと思います。 例えば、生産調整と水質や土壌汚染対策を結び合わせ、化学肥料や農薬を減らした農法には、 減産保障をするEUの共通農業環境政策などがその好例であります。

日本は、アメリカの経済合理性、或いはヨーロッパの文化性、そのいずれかでもなく、 その場しのぎのいわば技術的対処療法をもって問題に対してきました。 その経験を顧みて、今では環境問題を経済の側から構造的に解決するためには、市場経済の合理性をもって臨むことを余儀なくされています。

しかし他方、環境思想や倫理観が国民の間に高まるにつれ、 まして文化としての視点から環境への取り組みを強めてきているように思えます。

人間にとって環境とは何か。
その知識を深めることなく、環境をばらばらに捉えてやってきたため、 「環境論、環境技術栄えて環境滅ぶ」の結果に至ったと思います。 日本は、その欠陥を自覚して、修正する過程に入ってきたように考えます。

しかし一方で、日本はこの半世紀の間、高度経済成長期の産業公害を経験しました。 引き続いて公共事業による自然破壊。更には豊かになった暮らしがもたらす環境汚染。 そういった様々な段階の環境汚染の経験を経まして、 世界でも類例の無いような環境、自然保護の実践と知恵を貯めてきた、蓄積してきたと言えるわけです。

地球の温暖化がその一例でありますが、 環境破壊の影響が、今や人びとの不安な域から環境破局域をも視野に入れざる終えない、そういう状況に至ったと考えます。 今こそ日本社会の豊富で実践的な環境保護への知的財産、技術的な成果というものを再評価して、 自然と人間と文化という3つの環境からその価値の体系化を試みる、それを自覚していく、 そういう環境日本学、Environmental Japanology、というようなものを創生し、 国際化時代に環境立国を考える日本人のアイデンティティ(Identity)、自己確認の元とすべきではないでしょうか。

以上のような視点・論点を実践するために、私は11月に早稲田環境塾というものを開設します。 この半世紀の日本産業社会が、環境の保護にどのように取り組んできたのか。 成功と失敗をもたらしてきたその構造的な原因を、日本の文化、場合によっては宗教、政治、行政、経済といった社会の構造的な原因を明らかにしたいと考えています。 そして、私たちの経験を持続可能な社会の実現に生かし、実践するキーパーソンを育てる場にしたいと望んでいます。 キーパーソンの行動を支える新たな環境理念を求めて、早稲田環境塾を拠点にして環境日本学の創生を目指そうと考えています。

塾は、この目的を遂げるために、企業と自治体とジャーナリズム、それと大学、この4者を共同してやっていこうと考えています。 ちなみに、15回からなる第一シリーズは、無農薬稲作農業と生産者、消費者提携の原点とされます山形県の高畠町、和田の集落(高畠町役場ホームページ)に合宿をいたします。 専業農家で詩人で、かつ、牛を飼いリンゴを作るというような星 寛治(ほし かんじ)さんを囲んで、「環境とは何か、地域社会から実証する」という課題で討論と講座をしたいと思います。 更に続いて、「産業公害史、大企業の軌跡と未来」「水俣病、過去・現在・未来」「環境ボランティアの理想と行動」というようなシリーズを挟んで、 最終回は京都北山の鞍馬寺から貴船神社への参道を辿ります。 神道、仏教に由来する自然観と現代の行政制度とのつながりについて検証いたします。 監寺や宮司に講義をお願いし、討論の相手になっていただきたいと考えています。 早稲田塾は、環境を分断することなく、自然、人間、文化の3つの要素をまとめて、統合体として考え、 環境と調和した社会の発展の原形、プロトタイプ、ともいうべきものを、地域社会の現場から探求します。

顎を引いて暮らしの足元を直視しよう。 現場を踏み、実践に学びます。 農民、漁民、企業家、環境への需要、宗教家の方々が先生となります。 同志の参加を広く歓迎いたします。

 

07 Sep. 2008
Go Report Index

 

Feel the earth 地球温暖化関連レポート on Web Magazine Waratte ! No Smile No Life

2007.12.11
地球温暖化森林破壊を食い止めろ
2007.12.20
愛媛県宇和海でいま何が、変わる宇和海の生態系
2008.01.01
地球エコ2008この星の中にわたしたちは生きている
2008.01.09
地球データマップ 温暖化する地球
2008.01.25
NASAゴダード宇宙研究所所長ジェームズ・ハンセン博士からのメッセージ
2008.01.26
経済学者 ニコラス・スターン博士からのメッセージ
2008.01.28
温暖化対策、ヨーロッパからの新しい風、カーボン・マネージメント
2008.01.29
温暖化対策、ヨーロッパからの新しい風、低炭素都市への挑戦、ロンドンの事例
2008.02.08
CO2の「見える化」
2008.02.27
地球温暖化 異常気象 海からの警告
2008.04.20
ママさんと子ども達の笑顔でいっぱいのベビーアースデイ・エリア
2008.04.20
クリスタルボーイ・楯恵太くんのラップ・パフォーマンス
2008.04.30
Feel Green Campaign 高尾山・水をめぐる冒険、ストップ・ザ・トンネル工事
2008.05.11
環境指標による地球環境レポート
2008.05.13
Solar Power Sizzles 太陽電池の普及
2008.05.19
UNFCCC の事務総長 Yvo de Boer 氏、欧州特許フォーラムでスピーチ
2008.05.20
CO2削減 日本の技術は活かせるか
2008.05.22
どう進める CO2大幅削減
2008.05.25
「いのちは支えあう」 第3次生物多様性国家戦略
2008.05.29
India's Water Crisis -インドの水危機-
2008.05.30
北極大変動 氷が消え悲劇が始まった
2008.05.31
幸せの経済学・GNPからGNHへ
2008.06.05
たんぼと稲と日本-神聖な大地 Sacred Fields-
2008.06.11
北極大変動 氷の海から巨大資源が現れた
2008.07.02
海が枯れる 温暖化で忍び寄る危機
2008.07.03
地球データマップ 汚染される惑星
2008.07.14
11人の若い環境戦士-11 YOUNG ECO-WARRIORS
2008.08.14
地球データマップ 都市文明とヒトのゆくえ
2008.08.20
持続可能な国づくりのために ブータン新憲法に学ぶ
2008.09.07
「環境日本学」を創る
2008.09.21
水道水使用の宣誓をしたレストラン-Restaurants Take the Tap Water Pledge
2008.11.20
自動車社会のターニングポイント
2008.11.22
地球データマップ どうする大量消費社会
2008.12.05
圧電素子がエネルギーの未来を切り拓く
2008.12.14
CO2 マイナス50%  エコプロダクツ2008  レポート