♪ Take Back The Tap ♪

Take Back The Tap

♪ WARATTE SPECIAL ♪

TOMORROW 地球の奇跡、日本の農のめぐみ The miracle of the earth - agriculture in Japan いのちは支えあう 第3次生物多様性国家戦略 BIODIVERSITY

♪ WARATTE PHOTO REPORT ♪


♪ MAIL ♪

Your voice is welcome メールを送信する メッセージフォームをつかう



水道水使用の宣誓をしたレストラン-Restaurants Take the Tap Water Pledge


2008.07.29
New York Times ( source )



なぜレストランはEat Local(地元の食べ物を食べる)でとどまってしまうのか?一部の環境保護活動家は、Drink Local(地元の飲み物を飲む)まで行くべきだと主張する。

ニューヨーク市の各レストランは本日、消費者権利団体のFood & Water Watchと水保護団体のRiverkeeperが先導する「水道水を取り戻そうキャンペーン/Take Back the Tap water campaign」によって、ボトル入りミネラルウォーターを禁止し、市の行政機関の指導に従うことを求められた。

水道水推奨の動きは、主に市政府が全米市長会と共に主導してきた。全米市長会では、市内の各ビルでのボトル入りミネラルウォーターの使用を徐々に廃止するよう各市役所に促す決議が最近可決されている。

一部のレストランはすでにこの政策を受け入れ始めている。ニューヨーク市内のレストランでこのキャンペーン実施書に署名したところは以下の通り:

これらは、オンラインガイドEat Well Guideでは、 ”ウォーター・コンシャス/water conscious(水に関心を持つ)”なレストランとしてリストアップされている。

Drink LocalはEat Localと同様に、またその他多くのアメリカの食のトレンドと同様に、カリフォルニアなど西海岸から始まった。サンフランシスコのIncanto、サウサリートのPoggio、女性シェフのAlice Waterで有名なバークリーのChez Panisseといったレストランが最初にボトル入りミネラルウォーターを廃止した。ニューヨークで最初にこの動きに参加した有名レストランには、Del Postoが含まれる。

水道水かボトル入りミネラルウォーターかという問題は、ミネラルウォーター産業と環境保護主義者との壮大な対決の小競り合いの一つに過ぎない。100億ドル規模のミネラルウォーター産業にはプラスチック製造と炭素排出の影響についての従来からの環境問題があるが、その論争の中心に輸送費の高騰という問題が加わることになった。

消費者にとって、このキャンペーンはこっそりと儲けるためにミネラルウォーターを使用しているレストランに待ったをかけることになるかもしれない。実際、ニューヨークの水道水は、世界でも最も高い水質を有しており、地元の味覚検査でも高い評価を得ている。

とにかく、ウェイターが「ガス入り、ガスなし、水道水のどれにいたしますか?」(水道水が含まれない場合や水道水が否定される場合もある)などという奇妙な質問をすることはなくなることになるだろう。そして、空のボトルが新しいボトルと差し替えられることもなくなり、夕食後に客が水代として60ドルもの法外な値段を請求されることもなくなるだろう。

 

21 Sep. 2008
Go Report Index

 

Feel the earth 地球温暖化関連レポート on Web Magazine Waratte ! No Smile No Life

2007.12.11
地球温暖化森林破壊を食い止めろ
2007.12.20
愛媛県宇和海でいま何が、変わる宇和海の生態系
2008.01.01
地球エコ2008この星の中にわたしたちは生きている
2008.01.09
地球データマップ 温暖化する地球
2008.01.25
NASAゴダード宇宙研究所所長ジェームズ・ハンセン博士からのメッセージ
2008.01.26
経済学者 ニコラス・スターン博士からのメッセージ
2008.01.28
温暖化対策、ヨーロッパからの新しい風、カーボン・マネージメント
2008.01.29
温暖化対策、ヨーロッパからの新しい風、低炭素都市への挑戦、ロンドンの事例
2008.02.08
CO2の「見える化」
2008.02.27
地球温暖化 異常気象 海からの警告
2008.04.20
ママさんと子ども達の笑顔でいっぱいのベビーアースデイ・エリア
2008.04.20
クリスタルボーイ・楯恵太くんのラップ・パフォーマンス
2008.04.30
Feel Green Campaign 高尾山・水をめぐる冒険、ストップ・ザ・トンネル工事
2008.05.11
環境指標による地球環境レポート
2008.05.13
Solar Power Sizzles 太陽電池の普及
2008.05.19
UNFCCC の事務総長 Yvo de Boer 氏、欧州特許フォーラムでスピーチ
2008.05.20
CO2削減 日本の技術は活かせるか
2008.05.22
どう進める CO2大幅削減
2008.05.25
「いのちは支えあう」 第3次生物多様性国家戦略
2008.05.29
India's Water Crisis -インドの水危機-
2008.05.30
北極大変動 氷が消え悲劇が始まった
2008.05.31
幸せの経済学・GNPからGNHへ
2008.06.05
たんぼと稲と日本-神聖な大地 Sacred Fields-
2008.06.11
北極大変動 氷の海から巨大資源が現れた
2008.07.02
海が枯れる 温暖化で忍び寄る危機
2008.07.03
地球データマップ 汚染される惑星
2008.07.14
11人の若い環境戦士-11 YOUNG ECO-WARRIORS
2008.08.14
地球データマップ 都市文明とヒトのゆくえ
2008.08.20
持続可能な国づくりのために ブータン新憲法に学ぶ
2008.09.07
「環境日本学」を創る
2008.09.21
水道水使用の宣誓をしたレストラン-Restaurants Take the Tap Water Pledge
2008.11.20
自動車社会のターニングポイント
2008.11.22
地球データマップ どうする大量消費社会
2008.12.05
圧電素子がエネルギーの未来を切り拓く
2008.12.14
CO2 マイナス50%  エコプロダクツ2008  レポート